オフィスで仕事をする人で肩こりに悩まされている方は少なくありません。血行不良、筋肉を覆う膜の強張り、肩甲骨の動きの低下、猫背などの姿勢の悪さなどが肩こりを招く原因となります。毎日何時間もパソコンに向かい仕事をしていると、その状態のまま首や肩周りの筋肉が強張ってしまいます。目にも負担がかかり、肩こりに加えて頭痛まで発現してしまう場合もあります。また、長時間座っていると骨盤が歪みますので、身体が歪んでしまい、更に肩こりが悪化する方もいらっしゃいます。整体に通うことで改善されていくこともありますが、仕事を続ける以上、肩こりになりやすい習慣は無くなりません。結果、肩こりが何度も繰り返されてしまいます。

オフィスでの仕事による肩こりには、昼休みや休憩時間を利用して肩甲骨を動かすエクササイズを行うと効果的です。肩こりの改善は勿論、肩周りの筋肉が緩むことで息が吸いやすくなります。疲労回復や気分転換にもなり、仕事の効率アップにも繋がります。
肩こり改善のエクササイズとしては、ひとつめに肩甲骨回しがあげられます。肩の力を抜き胸の前で両手のひらを合わせます。ひじで円をえがくように、片方の腕を上から後ろにできるだけ大きく回します。右腕と左腕を交互に行い、終わったら、今度は下から後ろに大きく回します。
次は、ハンカチを使用したエクササイズになります。ハンカチを棒状にし、ハンカチの端を両手で持ちます。腕を上にあげたら、息を吸いながらさらに上へあげます。その後息を吐きながらゆっくりと腕を元に戻します。そして息を吸いながら右に倒し、息を吐きながら元に戻します。反対側も同じように行いましょう。上、右、左を1セットとし、適度に何度も繰り返すと効果的です。
季節柄、クーラーの冷房の風が肩や頚周りに当たり、血行不良が進むことで肩こりが悪化することも考えられます。寒くなくともちょっとしたストールなどを頚に巻き、冷やさないように心がけましょう。
国分寺駅前整体院では骨盤矯正を行い、肩こりの原因となる身体の歪みを整えていきます。つらい肩こりの解消に加え、肩こりになりにくい身体づくりに取り組んでいきましょう!