交通事故でケガをした際に心配なのが、後遺症ですね。後遺症は、体のどの部分でも起こる可能性があります。
多いのは、むち打ち症、首の痛み、肩の重苦しさ、頭が締めつけられるような頭痛、手足の痺れ、椎間板ヘルニア、腰痛、股関節の痛み、膝の痛み、不自律神経失調症、などです。
このうち、後遺症の約7〜8割を占めるのが、むち打ち症です。正確には外傷性頚部症候群と言います。いわゆる頸部の捻挫です。

【整骨】ムチ打ち_2016.03.22

 

事故時の衝撃で、体が前に押し出されたのに頭がその場に残り、首が鞭のようにしなり筋肉や靭帯を傷めてしまうことで起こります。障害の度合いによっては、神経が圧迫されて体に痺れが残ることもあります。
体に痺れが残るような症状を改善させるのは難しいですが、整体院の施術によって改善することもあります。
当院では、骨格の中枢である骨盤と背骨にフォーカスし、施術をしてゆきます。施術方法としてトムソンベッドを使ったトムソンテクニックを使います。
急激な矯正ではなくソフトな矯正方法で歪みやねじれを改善させていきます。
これにより、中枢神経や末梢神経の機能を促進させることで、もとの体に回復させていきます。
古いケガにもお悩みの方は、どうぞ国分寺駅前整体院にご相談ください。