当院では、交通事故による後遺症を全身ほぐしで治療していくことも出来ます。

体をほぐす為に使う技の一つに、ゆらゆら療法があります。これは患者さんの体をゆっくりと揺らし、軽く触れることで筋肉の過緊張を取り除いていく療法です。
事故によって外傷ができると、そこをかばおうとして他の筋肉が緊張してしまうことがあります。筋肉の緊張が一箇所起こるだけで、体の他の箇所も伝染的に緊張していくこともあります。
それをほぐすのが、当院の全身ほぐしです。

体の深い場所には、インナーマッスル(深層筋)があります。
これは体の姿勢を保つためにあるのですが、この部分が緊張していると体のねじれや歪み、姿勢や体型のアンバランス、痛みなどの不具合につながることがあります。
当院ではこのインナーマッスルを脱力させて筋肉を再教育することで、もとの体の状態に戻していきます。筋肉の再教育というと痛そうなイメージがあるかもしれませんが、関節を無理に引っ張ったり、骨をいじるような施術ではないので、ほとんど痛みはありません。あくまでも体の自然な揺らぎを利用した治療方法です。
マッサージなどでは一時的に体がほぐれることはあっても、それが長続きするわけではありません。あくまでも一時的に体がリラックスするだけです。
全身ほぐしの整体では、根本的な問題を見つけ、本来体が持っている自然治癒力を高めていくことを主眼にしています。
よって根本的な体の回復が可能なのです。