冬場のつらい足のむくみ、湯船に入ってセルフケアを【国分寺駅前整体院】

投稿日: #お知らせ

冬になると、途端にひどくなる足のむくみにお悩みの方も少なくありません。仕事が終わりに差し掛かる夕方頃、朝は感じなかったのに靴が小さくなったような気がして、足のむくみに気付くものです。

むくみの原因は、塩分の摂りすぎや運動不足等もですが、特に冬の時期は冷えによるものが考えられます。女性は男性と比べ筋肉量が少なく、代謝が低い傾向があります。ファッション重視で薄着で過ごてしまうと、覿面にむくみやすくなります。冷え対策としてタイツや靴下を重ね履きしていたとしても、その上からブーツを履けば足元を圧迫してしまい血流が悪くなってむくんでしまう場合もあります。また、寒いからと動く機会が減り、血行不良が生じた結果足のむくみが出てきてしまうこともあります。むくんだことでだるく感じるようになり、益々動かなくなってしまってむくみが進行してしまうという悪循環に陥ってしまうこともあります。冷えが原因で起こるむくみというのは、見た目の問題だけでなく免疫力までが下がってしまいます。唯でさえ空気が乾燥してくるこの季節、体調を崩す原因にもなりかねません。

そのような状態にならないように、足のむくみを解消し血行不良をなくすにはどうしたらよいのでしょうか。簡単な方法としては、お風呂の湯船にゆっくりと浸かるのがおすすめです。足のむくみと冷えの両方の解消として、40℃のお湯に15分ほど浸かってみてください。その時間に読書やテレビを見たりするのも良いのですが、血行不良を解消するマッサージを行うと冷えを解消させる効果が高まります。マッサージのポイントとしては、むくみが出やすいふくらはぎや足首を優しく撫でるように行うと肌にもダメージがなく安心です。入浴剤を入れて、気持ちの良い香りとともにマッサージをすれば、リラックス効果も同時に得られて良いかもしれません。

冷えによる足のむくみは、知らない間に進行していることが多くあります。血行不良をなくし、この冬を元気な身体で乗り越えましょう。