「骨盤って女の人に関わるものじゃないの?」
…と仰る男性がいらっしゃいました。いえいえ、とんでもない!!そんなあなたにもおおいに関わる物なのですよ!
そんな方の為に、まずは骨盤とは何なのかをお話しいたします。

まずは骨盤が体のどこにある物かご存知しょうか?
そうです、腰の辺り。体の中心にあり、上半身と下半身を支える要ともいうべき存在です。
でも、『骨盤』という骨がある訳ではありません。
骨盤は『仙骨』『寛骨』『尾骨』という、3つの骨で成り立ち、周囲の筋肉や靭帯で支えられています。
言い換えると上半身や下半身を支えているのに(負担は大きいですよね!)、こんな大きな骨盤は筋肉や靭帯だけでしか支えられていないのです。
そう聞くと、骨盤はとても不安定で歪みやすい事が容易に察せられると思います。
普段の姿勢はもちろん、鞄をいつも同じ側の肩に掛ける、足を組んで座る、横向きに寝る…などや筋肉で支えられているだけに運動不足による筋力の低下などが影響し骨盤は歪んでいくのです。
「歪む」と一言に言っても歪み方は色々あります。仙骨が反ったり、左右に開いたり、前後にずれたりなど。
そして骨盤が歪むとそれを支える筋肉が引っ張られハリが出てコリや痛みの原因となります。全身の筋肉や神経は繋がっているので体のいたる所で変化は起こります。腰痛や頭痛、肩こりや神経痛を起こしたり、O脚や足のむくみ、膝や股関節の痛みとなったり、おしりや下半身がたるんだり、新陳代謝の低下や全身疲労、冷えや便秘、女性だと生理痛や生理不順などの影響も出たりします。
上記に挙げただけでも、ほんの一例。骨盤の歪みが体にどんな影響をもたらすか、お分かりいただけましたか?
ご自身の歪みが気になる方は、お気軽にご相談下さい。