当院では、血流を改善する効果の高い骨盤矯正も行っています。
 骨盤には腸骨という骨があり、坐骨、仙骨などと伴に骨盤を形成しています。ここは血液を造り出す役割があるので、その流れを、骨盤を矯正することで正常に戻していきます。
 特に産後の骨盤矯正に特化したメニューもあります。
妊娠中期〜臨月にかけて体にはリラキシンと呼ばれるホルモンが分泌されます。リラキシンの役割は、産道を確保するために恥骨結合部や仙腸関節などの筋肉や靭帯を弛緩させることです。
 産道の確保には欠かせないリラキシンですが、一方で骨盤が歪みやすい状況を作り出してしまいます。出産前のホルモンによる影響による歪みによって、産後に体の不調を訴える女性は少なくありません。症状として、産後太り、冷え、むくみ、尿漏れ、便秘、痔、などがあります。
 妊娠して出産してから以前よりも体の調子が悪くなったという女性であれば、リラキシンの影響で骨盤が歪んだのが不調の原因になっている可能性が高いです。ただ、産後はリラキシンの影響で骨盤がもとの位置に戻りやすい時期でもあるので、骨盤矯正を始めるベストなタイミングでもあります。
 産後の体型や体調が気になる方は、お気軽に国分寺駅前整体院へご相談下さい。