産後は特に手首付近に痛みが起こる腱鞘炎を発症しやすいといわれています。その主な原因としては、一つは育児や家事による筋肉や関節の酷使が上げられます。

育児でお子さんを抱っこしていると、腕の筋肉が酷使されます。また、筋肉の曲げ伸ばしのために関節も酷使されます。毎日赤ちゃんを抱っこし続けていれば、毎日のように数キログラムのダンベルを持ち上げてトレーニングしているような状態になります。結果、筋肉の負担は相当なものになり筋肉の緊張も高まると共に、腱の部分が過剰に引っ張られた状態になりますので腱と腱鞘がこすれ合って炎症を起こしてしまいます。また、お子さんを抱っこしている間に関節にも相当の負担がかかるので、関節痛も起こりやすくなります。
また、妊娠中分泌された骨盤を開かせるホルモン(リラキシン)の作用により、全身の筋肉はもちろん手首もゆるくなってしまうことも原因として考えられます。この状態で育児を行っていることにより“ねじれ”や“歪み”が生じ、周囲の筋肉に負担がかかってしまうことで腱鞘炎が起こることもあり得ます。
リラキシンの作用は産後徐々に少なくなっていくので問題ありませんが、それでも産後はまだホルモン分泌が盛んで十分に関節が固定されていないので、産後に重いものを持ち上げたり、お子さんを抱っこし続ける育児は大変危険です。ただ、お子さんの抱っこの回数や時間を減らすということは中々難しい場合も多くあります。育児だけでなく家事や日常生活において、周囲の方々にサポートしていただくことが重要になります。
腱鞘炎は前腕の筋肉の緊張をゆるめることで症状を緩和させることができます。姿勢が崩れていると関節を痛めてしまいやすいですので、国分寺駅前整体院ではカイロプラクティックを用いた骨盤矯正により姿勢を改善させる治療を行っていきます。また、様々な電気刺激モードを搭載していた電気治療器を用いた筋肉の緊張をゆるめる治療も行っておりますので、患者様の症状に合わせての治療が可能です。つらい腱鞘炎にお悩みの際は国分寺駅前整体院へお越しください。お待ちしております。